Fel & Rikcy 第1部

1.クラッシュ


「映画、見に行こーぜ!」

 ここ何日か元気の無い僕に相部屋のリチャードが言った。映画どころじゃない。せっかくまとめた締め切り間近のレポート。余裕で仕上がるはずだった。

 エウシュロフネ・トゥキディデス教授は冷酷非情なギリシャ女性。だいたい、名前からして一筋縄ではいかないことがありありと分かる。しかもこの教授はきちんと名前を呼ばれないと返事どころか振り向いてもくれない。

「トゥキディデス教授!」
「なんですか? Mr.フェリックス・ハワード」

こんな調子。綺麗な人なのに、ほら、きれいなバラには棘があるってことさ。

 本来なら3月にある中間テスト。それが『学会』だとか 『私にもいろいろあります』 とかいう一方的な言い分で、
 「今回のレポートに全てをかけなさい」
というお達しが出た。とばっちりもいいところ。で、教授の定めた提出期限が、明後日の2時25分。
「私は2時30分に待ち合わせがあるので1分たりとも遅れは認めません」
 提出出来ないと、なんと留年だ。なぜ、このレポートにそれほどの比重をかけるんだ?

 僕のラップトップはいい調子で仕事してくれてたのに、なぜか <もう少し!>というところで機嫌を損ねてクラッシュしてしまった。電源を入れても即落ち。何回かの再起動を試みてもやっと現れたボンヤリした画面さえ、あっという間にブラックアウトしていく始末。僕もPCには詳しい方だと思っていたけど、とうとう今回は 「何でも屋」 のロイに手を合わせた。

 彼は…金を取るんだ、僕は貧乏人なのに。
「それはそれ、これはこれ!」
と、結構仲がいいのに割り切りのいいヤツ。なんで僕の周りにはこんな冷酷な連中ばかりいるんだ?

 

 バックアップは? と聞かれPCの中だと答えた。
「バカなんじゃないの? なんでメディア使わないの?」
と温かいお言葉。確かに今考えれば正論だけど。いや、当然だけど。
 画面がなんとか復旧。
「さすがロイじゃん!」
思わず褒め称え、褒めちぎる。レポートが復活さえしてくれればいい。

「ああ、これさ、いつデフラグやったの?」
 若干鼻にかかったようなロイの声。たまに鼻をすするのを聞くたびに、思わず 耳鼻科行けよ! と言いたくなる。
 けど、今は ロイ様 だ。

「え? 一昨日やったんだけど」
「エラーチェックやった?」
急におずおずと小さく答える。
「…今回はしてない。毎月やってたからいいかと思って…」
なんだか悪いことした子どもみたいだ。
「毎月? 半年にいっぺんでいいんだよ、デフラグなんて。お前、そんな神経質なヤツだったか? やり過ぎるとダメージ残んのはセックスと同じ。分かるだろ?」

 ――いや、分かるほどやってないから分かんない

 けどそんな反論を許す様なロイじゃない。
「しかも不良セクタのエラーチェック忘れた? 初歩じゃん、それ。ファイルの復旧、諦めた方がいいよ。OSイカレて再インストールだから無理!」
 20ドル払った結果がこれ……金返せ! の言葉には、
「原因は突き止めただろ」
の一言が返って来ただけだった。

 僕は涙流しながら(いや、流しちゃいないけどそれほどの気持ちだったってことだよ、分かれよ!)OSの再インストールをやり、設定を組み直し、取り敢えず頭に残っているレポートの片鱗をテキストに書き出し……力尽きてしまった。
 圧倒的に時間が足りない。せめて後6日は欲しい。明後日の期限まであと2日と12時間。
毎朝6時から講義が始まる10時まで。夕方は7時半から11時半の4時間。シフト制の貴重なバイト時間が今は僕を苦しめる。

 

「な、気分転換しよーぜ。お前夕べ寝てねぇだろ? そんなんじゃ上手く行くもんもいかねぇぞ。レポートだってなんとかなるって、お前頭いいんだし」

 能天気にのたまうリチャード。別に僕を誘わなくたっていいじゃないか。自分は提出とっくに終わってるだろ? シンプルなテーマ選んだんだから。

「1人で見に行けよ」
「つまんねぇよ、付き合えよ。奢ってやるからさ。 お ま え と行きたいの!」
今現在の僕の頭はクラッシュ寸前。
「大丈夫だって。あんまり心配すると禿げるぞ」
なんてこと言うんだよ!

「リチャードさ」
「固いよ、リッキーって呼べよ、いい加減」
「リッキーさ! 今僕が絶体絶命、崖っぷちって見て分かってるよな!」
「まあな。だから気分転換。お前のために言ってんだよ」

 確かに……今から煮詰まった頭で記憶を辿ってレポート作ったって、明後日までに提出なんて不可能なんだ 。恨みがましく未練たらしくラップトップを振り返って、リッキーを見た。

「分かったよ、行くよ」
 留年決定なら映画の一つや二つ、なんだっていうんだ? 映画の中身も聞かずに自棄になってついてったのが運の尽き……

 

「ポ…ポルノーー!?」

 何が悲しくて、男2人でポルノ映画……しかも僕の頭は何せほとんどクラッシュしてたんで、映画が始まってから気がつくというお粗末さ。
「いいから周り、見てみろよ。それが面白くて時々来んだよ、誰かとな」
 誰かと?? 誰と?言われて周りを見回す。あっちもこっちも、カップル、カップル、カップル! 映画なんて見ちゃいないじゃないか! ま、ストーリーなんてそっちのけの中身だけど。しかも! 男女は僅かで男男がほとんど! 

(なぜ女女はいない? あ、どーでもいいことだった)

映画の中身は というと、男男女の3P。

 

「お前さ、あんまり純情通してるとおかしくなるぞ。ちっとは抜いてるか? 青少年よ」
 余計なお世話だ と、立とうとしたところを思いっきり引っ張られて、椅子に尻もちの有り様。
「僕がどーだろーと、お前の知ったこっちゃない!」
「俺、相手してやろーか?」
「はぁ???」

 

 じゃ、あの噂は本当だったのか。
『フェル、よくリッキーと相部屋で無事だね! いやぁ、見事と言うしかないよ!』
謎の言葉に食いつくと、面白がって教えてくれた情報通のロジャー。
『彼って女も男もイケるんだぜ。あのマスクだろ? そりゃ誰だってイチコロさ。フェル、よく平気だね。よっぽど鈍感か……それとももう奪われた?』

てっきり冗談だと思ってたのに。

 

「僕はそれほど暇じゃない」
映画館だから大声も出せない。
「テンパってるから深呼吸させてやろーって、これ、俺の真心の証」
とんでもない真心だ。

「それほどお前の貴重な時間取らねぇよ。5分もありゃ事足りる」
僕は、5分程度の人間か!!!

「最後にやったの、いつだよ」
「そんなことに答えるつもりない」
「なんで俺がこれまでお前に何もしなかったと思う?」
どうだっていい。知りたくもない。
「俺、自分から仕掛けたことなんて今まで無ぇんだぜ? そういう意味ではお前はお初なの。大事にしたくてさ、お前とのこと。
でもこの頃のお前、見てらんねぇから何とか息抜きさせてやろーと思ったんだよ」
「息抜き? 他のもん、抜こうとしてるだろ!?」
「お前も結構卑猥だなぁ」

 笑ってる顔はそれほどイヤらしくなくって、むしろあったかい眼差し。すごくいいこと言ってくれてるような、そんな気持ちになるから不思議。
 けど。正面のあっかるいスクリーンからは、
「あっはん! うっふん! イクぅ……」
そんなBGMの中で、「抜いてやる」発言をその眼差しで誤魔化されてたまるか!

「帰る!」
「フェル…ここじゃ、イヤか?」

 ぞくっ!! 
耳に忍び寄る声。頬から首にかかる熱い息。
おかしい、なんでドキドキしてんだよ! 早く帰らないとえらいことになりそうだ。

 

「悪いけどやっぱり帰るから。一人で楽しんできなよ」
「いいことやったら、いいことしてやるんだけどなぁ」
 意味不明なことをにやっとしながら言ってるリッキー。立とうとする腕を掴まれたまま、身動きもできない。

「おい! じっとしてろよ! こっちは真面目に観に来てんだ!!」
後ろの席から男男がわけの分かんないこと言って、椅子を蹴ってきた。
「文句あんなら他の席に移れ!」
「止めろよ! この上喧嘩にまで付き合わされんのは真っ平だ!」
「ごめん」
お、素直じゃん。
「お前だけに集中するべきだよな」
違う!って!! 問題はそっちじゃない!

 

「僕、その趣味無いから」
「これは趣味とかそういうレベルの問題じゃねぇさ。任せろって。俺はお前を解放してやりてぇだけだよ」

ヤリたい???  今、そう言った??

「俺を見ろよ」
 その声につい見てしまった。スクリーンの光と 影の中で揺らめくのは見たことも無い艶めかしい顔……。

 ――これがリッキー?

「フェル… 今日はただの息抜きだ…… な?」

 なぜか呆けたようにそのぞくっとする顔から目が離れない自分。

 

 ――こんなに彫りが深かったっけ? 

 

 ぽてりと赤い唇はえろく熱く近づいてくる。少し長いストレートの黒い髪。切れ長で、長い睫毛に縁どられた目。真っ直ぐ射貫くような黒い瞳。
 そう思う中でも続いてる 「あっはん! うっふん! イクぅ……」
僕だって男なんだぞ、何でもないわけが無い。だからってリッ……
 思考回路がクラッシュ。

 

 ――僕の口が暖かいもので塞がってる
 ――あ、なんか入ってきた
 ――え? 動いてる? 
 ――あああ……久し振りだ、こういうの………。

 

 あっちにこっちに、優しく舌が舞う。
 その時、沈みそうになった頭が中古のパソコンみたいにのろい再起動を始めた。

(ナニ、感じてんだよっ!!)

両手でリッキーを突き放そうとした。

「や…」
「やめねぇ」

 片手が僕の手を掴む。また口を塞がれた。角度を変えながら深いキスを始めた彼を、なぜか僕は拒めない。もう一方の手がいつの間にかシャツの中。

 ……う…胸が痛痒い……気持ちい……

 またクラッシュ……中古のパソコンはだめだ………

 

 胸から下に降りていく手がジーンズの上から僕を撫で上げ、ジッパーを下ろしていった。その中でボクサーの上からやんわりと刺激される。僕はすっかり力が抜けて、その手の動きのままに反応し始めた。

 ――感じる……気持ちいい――

 ジーンズがはだけられ、ずりおろされ、足が開かれる。ボクサーの下から腿の付け根を撫でながら、ゆっくりと入ってくる手…女の子にもされたことのないぞくぞくする感触。直に触られることを待つソコはひどく焦らされて……

 ――は…ぁっ――

 自然に開いてしまう口の奥に感じる熱い舌。やっと辿り着いた手が軽く僕を握り込んだ。直に触られただけでもういってしまいそうだ。するっと手が離れていく。それについて行こうとしてしまう僕の腰。

   唇を嘗められ、
   吐息がかかり、
   甘噛みされて息が上がる。
   両手は椅子の手すりに掴まって……

 ――ああ……
 ――どうして僕の顔は
 ――上を向いて目を閉じてるんだろう……

 聞こえてくる 「あっはん! うっふん! イクぅ……」
足の間に座り込んだリッキー………――もう、ナニされてるのかも分から――

 

 頭が真っ白になって、しばらくして場内が明るくなってるのに気がついた。
「良かったろ?」
慌てて下半身を確かめると、ちゃんとジーンズを身に付けている。
「あれ……? 夢を見ていたような……」
「夢にすんなよ」
顎を掴まれ、あったかくて柔らかいもんにまた口を塞がれた。


 振り切るようにして、映画館を飛び出した。
 ――冗談だろ!? 
 ――冗談だよな?
ホントに男に 『奪われた』? 確かに、重かった下半身が軽くなってる事実……

 有難いことに、脳内はクラッシュを続け、記憶メディアは実行不能になっている。不良セクタ、万歳!
 それでも大事なとこに残ってる生温かい温度、柔らかいものに包まれた感触。
耳に潜んでる 『アイシテル』

 ――これ、一番意味分かんない

 足が止まっていたらしい。後ろから手を掴まれた。
「ごめん、そんなにあそこじゃイヤだったか? もう勝手にしねぇよ、なるべく。エシューには話し通しとくから、諦めねぇでレポートまとめろよ。俺、ゆっくり帰るから安心してそっちに集中しろ」
「えしゅー?」

 謎の名前と、途中に挟まってたおかしな言葉。
  『もう勝手にしねぇよ、なるべく』

「ああ、分かんねぇか。エウシュロフネだよ。明後日の2時半に待ち合わせしてんだ。そん時に言っとく、クラッシュのこと。だから安心しろよ」

 

『大事にしたくてさ、お前とのこと』と言われた。『アイシテル』 と言われた。そして、明後日はエウシュロフネ・トゥキディデス教授と待ち合わせ……。レポート提出の期限が明後日の2時25分。


『私は2時30分に待ち合わせがあるので1分たりとも遅れは認めません』


 その諸々の後ろに見たばっかりの3P映像がチラついている。

 あれこれとごちゃ混ぜの中で、どれが一番問題なのかがさっぱり分からない。
「3Pはお断りだ!!」
 振り向いて叫んだ時には彼はもういなかった。足早に通り過ぎる通行人Aと、通行人B、C、D………

 『じゃ、なにPならいいんだ?』
 脳内から聞こえてくるリッキーの問いかけ。クラッシュは今日だけで済まないかもしれない。そんな予感……

「俺、このままじゃ浮気すっからな!!」
何ギレか? そもそも僕らは付き合っちゃいないし。

 なんだか変な成行きでレポート提出はなんとかなった。これはリッキーに感謝すべきことなのか? それとも、対価は前払いしただろう! と言っていいことなのか?

 あの後、慌ててバイト先に駆け込んだらマスターに どうした?  という顔をされた。
「君の代りなら来てるよ」
奥の方にオーダーを取ってるリッキーがいる。こっちに向かって歩きながら僕に気づいて近寄ってきた。
「よぉ、バイトなら心配ねぇぞ。いいからレポートやれって。さぁ、帰った帰った」
そう背中を押されてカフェのドアから押し出される。複雑な思いを抱えながら時間の無い僕は部屋に戻った。

 提出期限当日の午後。頭を抱えてる僕。かかってきた電話の向こうでエウシュロフネ・トゥキディデス教授はこう仰った。
「貴方のラップトップがクラッシュしたそうね。日頃お手入れしてるのかしら?
本来なら言い訳にもならないことだけれど、特別に5日間待ってあげます。
6日後の朝8時に持ってらっしゃい」

 一応、その夕方帰って来たリッキーにそれを言った。礼を言うのも癪だから単なる報告。
「え? 8時提出? なんなら朝引き止めとこうか? 前の晩からエシュー、一緒だから」
一瞬黙る僕。
「なんだ、ヤキモチか? 大丈夫だ、彼女とは遊びだから。向こうも承知してる」
 ――ナニ ヲ イッテルンダ、コノ オトコ ハ?

「月曜はノラ、火曜はテッド、水曜はロイ。木曜から金曜はエシュー。
土曜は空けられそうなんだ。ソーヤーは実家に帰って家業を継ぐらしいからな」
 ――スケジュールが出来てる…
「日曜ははなっから入れてねぇ、いつか……お前と。そう思ってたからさ。
他のも徐々に整理してくからちょっと時間くれな」

 

 ――なんの…時間だって?

「ちょ ちょっと待てよ! 確かにレポートのことは助かったよ、バイトも。卑怯なやり方だとは思うけど留年は避けられたし。でもなんでリッキーと付き合う前提で話進んでだよ!」
「そりゃねぇだろ! 映画館でのお前、すんげぇ蕩けるような色っぽい顔してたぜ」

 ――黒歴史だ…とびっきり真っ黒な、闇の、世界の終りの黒歴史……

「あれは単なる生理現象だ!」
「じゃ、また俺たち生理現象起こそうぜ」
なんで目が輝いてんだよ!

 

 ふと彼の言葉に引っかかった。
「ちょっと待て、さっき変なこと言ったよな。ロイ? ロイ・スタンレー?」
「ああ、そうだよ。やつにはいろいろ世話になるからな。結構可愛いし」
僕はすごく複雑な顔をしていたに違いない。
「どうした?」
「いや、あの…びっくりしたんだよ、知ってるやつがリッキーと…その……」

 そりゃ、驚くさ! あの何でも屋。損得だけで動いてんじゃないか? たまにそう思う、それでもちっとはいいヤツ。これでも友人だと認識はしあってるロイ。それがリッキーと?
「そうか、お前もあいつの世話になってんのか。言っとくよ、お前から金取んなって」
「よ、余計なこと言うなよ! 変な事、誤解されたくない!」
「余計なことは言わねぇ。映画館のことは俺とお前との秘密だ。共有する秘密があるっていいもんだな」
 なぜかとろりとした目をしてるリッキー……

ハッと、目を逸らした。
「リッキー、一週間全部予定入れても構わないから! その中に僕を入れないでくれ!」
「そんなこと言って、俺、このままじゃ浮気すっからな!!」
ナニ言ってんだ!?
僕を本妻みたいなこと言わないでくれ!
お前が誰とどーしよーが、僕には関係無いんだから。

「お前…俺をこれ以上弄ぶ気か? やっとこうなれたってのに……」
「はい? なんだって?」
どうやら僕は聞き違いをしたらしい。『これ以上』って、何が?
「一週間予定を入れてその合間にって言ったら、付き合ってるって言えねぇ……」
「あの、元々僕らは…」
「元々俺らはこうなる運命だったんだ! 俺、一目惚れって初めてなんだから!」

硬直する僕。

「さいしょっから そーいうめで みてたわけ?」
脳内クラッシュがまた始まって、片言になってる僕。
「お前だって……」
「僕だって?」

 その後の会話は無い。だって、リッキーが大粒の涙を零したまま飛び出してったから。しかも、それをロジャーに見られた。
――致命的だ……ヤツはスピーカーだ――
呆気に取られた顔したかと思ったら次の瞬間、すごい勢いで引き返していった。

――終わった
――僕の今までの平穏な生活、さよーなら

なんで彼が泣いたのかも分からないまま、僕は自分が泣きたくなった……

 その夜は帰って来なかった。『土曜日はソーヤー』 そう言ってたし。リッキーの予定を把握した僕ってなんなんだろう? あの涙は気になるっていや気になるけど、それを追求したらきっと碌なことに繋がらない。
 『君子危うきに近寄らず』
どっかのことわざだったと思う。今の僕にぴったりの言葉だ。
 それより、みんながどう認識したのか。その方がよっぽど気になるし怖い。
ロジャー。 得意満面で誰かれ構わず喋りまくっていることだろう。

……ってことは……ロイにも? げ! それは止めてほしい!!

 ロイはちっといいヤツだけど、食いついたら離れない所がある。僕はあの癇癪持ちの猛攻撃を受けるのは勘弁だ。今後のこともあるし。
 そう思って、ロイの誤解だけでも解こうと急いで部屋を訪ねた。
ノックをする。

「いるよ。入れよ」
商売っ気のあるロイは、絶対居留守を使わない。それでも僕の顔を見て固まった。
「リッキーは… 確かに節操無しだけど、まさかお前に取られるとは思わなかった……」
癇癪を起こすどころか、目から汁が垂れ始めてるロイ。
「いや、待て! 取ってない、取ってない! ロジャーから聞いたんだろ? あいつの早とちりだ」
「何言ってんだよ! リッキーに言われたんだ、別れようって。
他のヤツと付き合ってるのが気に食わなくて冷たくしてんだって? ひどく泣いてた……」

冷たくってなんだよ、こっちがが泣きたいよ…

「これでも俺たちは平和協定結んでいたんだ。互いに浸食しないようにしよう、彼を束縛しないようにしようって。だからスケジュールだってちゃんと自分たちで組んだんだ……」
意味が、よく、理解、出来ない……
「なのに、お前が全部取り上げちまうなんて…」
僕が、取り上げたの?
「しかもお前に頼まれたことは金取るな、快くやってくれって。俺の気持ちなんかもう考えてもくれない。そりゃ、リッキーの言うことには従うよ、例え関係が無くなったって愛は残るから。でも……悪いけど今日は帰ってくれないか? 俺、気持ちの整理が まだついてないんだ…きっとみんなもそうだよ……」


 ドアが閉まって、僕は立ち尽くして、自分自身の気持ちの整理がつかないことは分かってるけど、だからと言ってどうしていいか分からず……………
 ロイはもうクラッシュを直しちゃくれないだろう。
僕の頭のクラッシュは、誰が面倒見てくれるんだろう………